読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本場広島風お好み焼きの作り方

料理

今日は広島風お好み焼きのレシピをご紹介させていただきます。お好み焼きって大きく分けて小麦粉で固める関西風と麺が入ってる広島風に分かれると思うんですけど私は広島風の方が野菜もたっぷり入ってるし、麺も入っててボリュームも満点なので好きです。広島の家庭で本場の作り方を教えてもらったので、美味しさも間違いないと思います。材料はこちら。今回はホットプレートに使う予定です。

【材料】

小麦粉、豚バラ肉、卵、キャベツ、もやし、イカせんべい、ソース、マヨネーズ、鰹節、青のり

【作り方の手順】

・まずは材料の下ごしらえから。豚バラ肉は塩コショウをして下味を付けておいてください。切らなくてそのままで大丈夫です。キャベツ細切りに。小麦粉は水に溶いておいてください。

・水で溶いた小麦粉を薄くひいてその上にキャベツとモヤシを乗せます。あとで押して蒸し焼きにするので、ある程度山盛りに乗っけて大丈夫です。空いたホットプレートのスペースに豚バラ肉を敷き、両面に軽く焦げ目が付くまで火を通します。山盛りに乗せた野菜の上に豚バラ肉とイカせんべいを上に乗せます。

・その上から再度水で溶いた小麦粉をかけて一気にひっくり返します。具材が散らばらないようにひっくり返すのが腕の見せ所ですよ。ビビッて勢いが弱いと失敗しやすいので、心を決めたらためらわずに一気に返してください。

・無事にひっくりかえしたら野菜を蒸し焼きにするので上から押して潰すようにしてください。潰したらそのまま少し置いて野菜に火を通します。その間に焼きそばをホットプレートでほぐしていきます。そのままだとなかなかほぐれずらいので、ケチャップを少し入れてほぐすと上手くほぐれ、さらに麺にほのかな酸味がつくのでオススメです。

・麺がほぐれたら蒸し焼きにしておいたお好み焼きを麺の上に載せます。その後は卵の殻を割ってホットプレートの上に落とします。その上に麺を下に引いたお好み焼きを乗せて一回転させて完成です。

・お好みでオタフクソース、マヨネーズ、鰹節、青のりを乗せてください。今回はレシピに載せていませんが、紅ショウガを具の中に加えてもアジのアクセントが出て良いかと思います。

私も広島で本場の焼き方を見たのは初めてだったのですが、イカせんべいや麺をほぐすときにケチャップを使うのは知りませんでした。広島ではもちろんお店でも食べますが、地元の人は自分の家で作るお好み焼きが舌に合うという意見も多いようです。