豆乳を使ったヘルシーちゃんぽんの作りかた

今日は長崎の名産。ちゃんぽんのレシピをご紹介させていただきます。普通のちゃんぽんを作っても面白くないので、牛乳の代わりに豆乳を使ったヘルシーちゃんぽんを作ってみました。カロリーも抑えめなのでダイエット中の女性にもオススメです。材料はこちら。

【材料】

シーフードミックス、きくらげ、キャベツ、玉ねぎ、にんじん、モヤシ、かまぼこ

ちゃんぽん麺、鶏がらスープの素、豆乳、塩、コショウ

【作り方の手順】

・まずは材料の下ごしらえから始めます。キャベツはざく切り、玉ねぎ薄切り、ニンジンも薄切り、かまぼこも薄切りにしておいてください。きくらげは水でもどしておきます。モヤシはそのままで大丈夫です。

・下ごしらえが終わったら材料を炒めていきます。まずは野菜から。キャベツ、玉ねぎ、にんじんをフライパンで炒め、塩コショウをしておきます。野菜が炒まってきたらシーフードミックス、かまぼこを投入してさらに炒めていきます。シーフードミックスは基本冷凍して凍っていると思うので、水分が出てくるかと思いますが、気にしないでください。材料に一通り火が通ったら豆乳、鶏がらスープの素、水を加えて好みの味に

調整していきます。シーフードミックスの代わりに海老やイカをまるまる買って使うのも良いです。今回は簡単に作るためにシーフードミックスを使いました。ここまで来ればスープは完成です。

・スープが完成したらちゃんぽん麺を茹でて好みの固さに茹でていきます。茹で上がったら器に入れておいてください。

・器に麺を入れたら完成したスープをかけて完成です。

ちゃんぽん麺はコショウをたっぷりかけて食べるのが個人的にはオススメです。ちゃんぽん麺って魚介のダシが効いてて美味しいですよねー。今回はシーフードミックスを使いましたが、豚肉を炒めて追加しても美味しいと思います。

ラーメンの面は西は細麺、東は太麺が多い

私は今東日本に住んでいますが、生まれてから25歳ぐらいまではずっと西日本に住んでいました。ラーメンは昔から好きでよく食べていたのですが、西日本、特に九州は細麺のラーメンが多く東日本は圧倒的に太麺が多いですね。最近西日本で人気のラーメン屋さんに東日本で行ったのですが、東日本の方向けに面を太麺に変更できるサービスがあり、ビックリしました。特に東日本はつけ麺や油そばなど、スープが無いラーメンが流行っていて麺も太いものが多いですよね。私は細麺も太麺も好きなので、どうせなら両方楽しみたいと思っています。

 

【和食セット】鮭ハラスご飯とアサリすまし汁レシピ

今日は和食セットのご紹介。とても簡単なのでぜひ試してみてください。

一品目が鮭ハラスご飯です。鮭の脂が乗ったハラスとゴハンがよく合って最高です。

私はこれさえあればゴハン何倍でも食べられます。材料はこちら。朝食に食べていただくのもオススメです。

【材料:鮭ハラスご飯】

鮭(ハラス部分)、ご飯、塩コショウ、青ネギ、醤油、酒、みりん

【作る手順:鮭ハラスご飯】

・まずは鮭の下ごしらえから。鮭に塩コショウをしておいてください。また青ネギは小口切りにしておいてください。個人的にはネギはたくさん入れた方が美味しいです。かなりたくさん入れても火が入るとほとんど存在感が無くなってしまうので、これでもかっていうぐらい入れて大丈夫です。

。炊き立てのご飯に混ぜますので、事前にご飯はセットしておいてください。

・醤油、酒、みりんは一つにまとめて合わせ調味料にしておきます。

・下ごしらえが完了したら魚をやくグリルに入れて焼いていきます。鮭のサイズにもよりますが、焼く時間の目安は大体10分弱ぐらいです。焼き終わったら鮭をグリルから取り出して鮭についている骨を取り除いておきます。私も何回か骨を取ったことはあるのですが、鮭はそんなに骨がたくさんあるわけではないので、それほどめんどくさくはないと思います。あとで具はバラバラにするので、骨を取る時に身が崩れても問題ありません。

・ご飯が炊けたら骨を取り除いた鮭、小口切りにした青ネギ、合わせ調味料を炊飯器の中に直接投入します。入れ終わったら全体をよく混ぜ合わせて完成です。混ぜるときにご飯を混ぜ合わせるときにお米ができるだけ潰れないように注意して混ぜてください。

次はアサリのすまし汁の作り方のご紹介です。

【材料:アサリのすまし汁】

アサリ、青ネギ、本だしの素、塩

【作る手順:アサリのすまし汁】

・まずはアサリの下ごしらえから。砂抜きが必要なので、塩水にアサリを入れておいてください。アサリを入れ終わったらそっと置いておきます。30分から1時間ぐらい置いたら水を捨ててアサリの表面を洗っていきます。アサリ同士をこすり合わせるように洗ってください。

・青ネギは鮭ハラスご飯同様小口切りに。

・アサリを洗い終えたら鍋に水を入れ沸騰させ、アサリを投入します。すぐにアサリの殻が開いてきますので、ここで味付け。塩、本だしの素を入れ好みの味に調整していきます。味が固まったら青ネギを投入して完成です。

私の食べ方としては鮭ハラスご飯を半分だけ食べた後にアサリのすまし汁をかけてお茶漬け風にして食べても美味でした。

体ホカホカ、キムチ鍋レシピ

今日はキムチ鍋のご紹介をしていきます。キムチ鍋ってかなりメジャーでみんなが得知っている鍋だからこそその人の個性が出るし自分なりの鍋が作れますよね。色んな材料をで作れると思うんですけど、今日は私が良くしている一般的なキムチ鍋について書いていきます。まず材料はこちらです。

【材料】

白菜、キムチ、ブナシメジ、豚バラ肉、玉ねぎ、ニラ、豆腐、牡蠣、塩、コショウ、キムチ鍋の素

※フレッシュな白菜に加えてキムチも入れるのがポイントです。

【作り方の手順】

・白菜は一口大に切っておきます。ブナシメジはお尻の方だけ切り落として手で割いておいてください。玉ねぎは薄切り、ニラはざく切りにしておきます。牡蠣は水溶き片栗粉で洗って汚れを取っておいてください。豚バラ肉は一口大に切って塩コショウで下味を付けておきます。

・材料を切ったらまずは豚バラ肉から炒めます。豚バラ肉から出た旨みたっぷりの油で他の食材も炒めながら豚の旨みを入れていくという感じですね。豚から油がある程度出たら白菜、玉ねぎ、ブナシメジ、キムチを入れてさらに炒めていきます。カレーや豚汁も同じなのですが、煮込む前にしっかりと炒めて火を通しておいた方が美味しいです。炒めておくとスープに旨みが流出しにくいのでしっかりと油でコーティングができるんですよね。

・全体的に火が通ったら水を適量入れて沸騰させます。白菜から水が結構出ますので、あまり水は入れ過ぎない方が良いかもしれません。水を入れたらキムチの素と牡蠣も入れてください。お腹を壊すのを防ぐためにも牡蠣はしっかりと火を通すようにしてください。このまま15分ぐらい煮込めば完成です。

豚肉や野菜の旨みと牡蠣からでる魚介の旨みが融合して激ウマです。寒い冬なので体も温まるしまさに冬の鍋っていう感じですよね。

シメはもちろん乾麺で

こんなに美味しいキムチ鍋、具を食べただけで終わるはずがありません。私のオススメは乾麺を入れてラーメンに。スープをまろやかにしたいとう方はチーズや溶き卵を入れるのもオススメです。いろどりのためにも刻んだ青ネギを入れるのもいいですね。

鍋ってみんなでワイワイ食べれるから楽しいです。それに材料も安いもので揃えることができるから財布にもとっても優しい。ただ今は一人用の鍋も充実しているので一人暮らしの学生やサラリーマンの方も是非作って頂ければと思います。自分で好みの素材や味付けで自分流のキムチ鍋を見つけてみてはいかがでしょうか。

 

魚介の旨みたっぷりタイピーエンと焼きナスのレシピ

今日は太平燕タイピーエン)のレシピをご紹介していきます。聞きなれない方も多いかと思いますが、簡単に言うと中国の春雨ラーメンといったところでしょうか。普通ラーメンは小麦粉の麺で食べると思うのですが、春雨を使っている分とてもヘルシーに頂くことができます。まずは材料のご紹介から。

【材料:太平燕

エビ、イカ、白菜、春雨、ニンジン、鶏がらスープの素、塩、コショウ、水溶き片栗粉

【作り方の手順:太平燕

・まずは下ごしらえをしていきます。エビは殻をむいて背ワタを取っておきます。イカも一口大にカットしておいてください。白菜はも一口大に切り、ニンジンは薄切りにしておきます。

・野菜や魚介系を切り終えたら油をひいたフライパンにエビとイカを炒め塩コショウで味付けをします。魚介に火が通ってきたら白菜、ニンジンを投入。油が回ってきたら水、鶏がらスープの素、塩コショウを加えて味を整えていきます。味が決まったら水溶き片栗粉で軽くトロミを付けてスープの完成です。今回はあくまでラーメンのスープとして食べますので、トロミはつけすぎずに軽くつけるぐらいが良いかと思います。

・スープが完成したら春雨をゆでていきます。茹で上がったらスープに投入して完成です。スープも麺もアッサリしていますので、非常に食べやすく仕上がっています。今回は魚介系で仕上げていますが、個人的には豚肉を入れたりうずらの卵を入れても美味しいかと思いました。

次は付け合わせの焼きナスのレシピをご紹介させていただきます。これは私の父親が昔作っていたのですが、意外と美味しかったので私も作るようになりました。ちなみに私の父親は焼きナス以外は袋ラーメンぐらいしか料理はできません。そんな父でもできるぐらいなので、作り方はもちろんメチャクチャ簡単です。まずは材料からご紹介。

【材料:焼きナス

ナス

麺つゆ

生姜

鰹節

【作り方の手順:焼きナス

・まずはナスをグリルに入れて火を通します。ここで火の通し方が甘いとナスのエグミが出てしまいますので、しっかりと火を通すようにしてください。焼きあがったら冷水に入れて皮をむいていきます。火が通っていればスルスルと上手く向けていくと思います。冷水に浸けた後もまだしばらく熱いので、火傷をしないように気を付けてください。皮がむけたら下手の部分を切り取り、麺つゆ、ショウガ、鰹節を乗せて完成です。

醤油をかけて食べるのが一般的だと思いますが、個人的には醤油より麺つゆの方が美味しいです。

 

 

 

とろーり卵と餡のハーモニーが最高!天津飯レシピ

今日は天津飯のレシピをご紹介させていただきます。私の母親も実家でたまに作ってくれていたのですが、私は結構天津飯が好きです。中華料理屋さんに行ったときもメニューにあれば頼むことも多いです。ポイントとしては卵を半熟の絶妙な感じで仕上げることですね。あと中華餡はアツアツのものをかけるようにしてください。冷えてしまうとそれだけで美味しさダウンです。まず材料はこちらです。

【材料】

卵、ピーマン、ニンジン、ご飯、コンソメ、シイタケ、玉ねぎ、塩コショウ、水溶き片栗粉

【作り方の手順】

・材料の下ごしらえから始めます。卵はボールに移してよくといておきます。ピーマン、ニンジン、シイタケ、玉ねぎはみじん切りにしておいてください。

・食材の下ごしらえが終わったら次は餡を作っていきます。水を火にかけて沸騰させたらコンソメ、塩コショウを入れて味を整えていきます。味が決まったら水溶き片栗粉でトロミを付けて完成です。今回の餡はご飯にかけて食べるものなので、割としっかり目にトロミを付けた方が良いかもしれません。トロミが少なくて水っぽいとご飯の中に染み込んでいってしまいますので。

・餡を作り終えたら食材を炒めていきます。ピーマン、ニンジン、シイタケ、玉ねぎをフライパンに投入し、塩コショウを入れて味を入れながら火を通していきます。全体的に火が通ったら卵を入れて半熟の卵焼き状態にします。火を入れ過ぎるとトロトロ感が失われてしまうので、気を付けてください。

・卵にある程度火が通ったらどんぶりにご飯をよそい、焼いた卵と餡をかけて完成です。

少しリッチな感じを出すのであればカニカマを入れるといいかもしれませんね。最近のカニカマは安いし完成度が高いので本当にカニを食べている感覚になります。

また餡をアレンジするとすれば今日はコンソメを使っていますが、甘酢を使って甘酢餡にしてみたり、和風ダシをつかって和風餡にしたりしても美味しいかと思います。

中華料理は私も好きですが、ラーメン、餃子と天津飯が三大巨頭ですかね。これさえあれば一週間は同じローテーションでも大丈夫かもしれません。ただ全部コッテリしてるので胃がもたれるかもしれませんが。もう30歳も過ぎたので洋食や中華ばかりじゃなくて今後はヘルシーな和食も積極的に取り入れていかないといけませんね。何事もバランスが大事ですので。ヘルシーかつ美味しい料理をたくさん作ってこのブログでもご紹介していきたいと思います。

市販乾麺を使った簡単トマトラーメンレシピ

私はラーメンが大好きなのですが、今日はそんなラーメンを使ったイタリアンテイストのオシャレなトマトラーメンをご紹介していきます。実はこのメニューは昔某有名テレビ番組の料理コーナーで紹介されていたものを参考にして作ったものなのですが、試しにまねて作ってみたら上手くできました。麺はスーパーやコンビニエンスストアで売っている乾麺を使いますので、非常にお手軽にいつもと違ったラーメンを味わえると思いますので、是非試してくださいませ。まず材料をご紹介。

【材料】

乾麺、トマト、鶏もも肉、アスパラ、エリンギ、ニンニク、コンソメ、オリーブオイル

塩、コショウ

【作り方の手順】

・トマトはサイコロ状、鶏もも肉は一口大、アスパラはお尻の先だけ切って下の方が太い場合はピーラーで皮だけ剥いておくようにしてください。エリンギは薄切り、ニンニクはみじん切りにカットしておきます。

・まずはスープづくりから。冷めたフライパンにオリーブオイル、みじん切りのニンニクを入れてオリーブオイルにニンニクの風味を移します。その後にサイコロ状のトマトを投入し、煮詰めてトマトの旨みを引き出していきます。

・ある程度水分が少なくなるまで煮詰めてきたら水、コンソメ、塩コショウで味を整えていきます。これでトマトスープの完成です。

・次は上に乗せる具を作っていきます。今回は魚を焼くグリルを使って焼いていきます。一口大に切った鶏もも肉は塩コショウで下味を付けておきます。その後は鶏もも肉、アスパラ、エリンギをまとめてグリルへ。全体的に焦げ目が付いてきたら順番に取り出していきます。これで具は完成です。

・最後に麺を茹でていきます。私はどちらかというと固めが好きなので固めにゆでた後にスープへ投入(麺の固さは各自お好みで仕上げてください)。その後にグリルで焼いた具を盛り付けて完成です。アスパラは一本丸々切らずに使った方が見た目のインパクトがあるかも。盛り付けが終わったら最後にお好みで粉チーズを振りかけて完成です。

イタリアンとラーメンという異色の組み合わせですが、実際に食べてみると全く違和感がありませんでした。麺と具を食べ終わった後は、トマトスープとして食べても良し、さらにご飯やパスタを入れてリゾットやトマトパスタとして食べても良しです。今回は鶏むね肉をメインの具として使いましたが、魚介系で白身魚をグリルでを通したり、ムール貝やカキなどの貝類を使っても美味しいと思います。

 

爽やかなバジルの風味漂うジェノベーゼのレシピ

今日はジェノベーゼの作り方を記事にしていきます。ジェノベーゼっていうのは簡単に言うとバジルソースのパスタですね。バジルは私の近所のスーパーでも売ってたり売ってなかったりするのですが運良く売っているときは買って作ったりしています。乾燥しているのバジルもありますが、私がジェノベーゼを作る時はフレッシュバジルを使うようにしています。フレッシュバジルさえ手に入れることができれば作り方や他の用意する材料は非常に簡単です。それではまず材料からご説明。

【材料】

パスタ、フレッシュバジル、ベーコン、トマト、粉チーズ、塩、オリーブオイル、レモン(市販のレモン汁でも可)、ニンニク

【作り方の手順】

・まずはベーコンを食べやすい大きさに切っておいてください。お好みでいいのですが、今回作るジェノベーゼは素材がシンプルなので少し大きめに切っておくと食べごたえがあっていいかもしれません。トマトはサイコロ状に切っておいてください。レモンは半分に切っておきます。ニンニクはみじん切りに。フレッシュバジルはできるだけ細かいみじん切りにしておきます。フードプロセッサーがある方はそれで細かくするのがいいです。私は持っていないのでいつも気合で細かく切っています。

・まだ火にかけていない冷たいフライパンにオリーブオイルとみじん切りにしたニンニクを入れて弱火でじっくり火を通し、ニンニクの香りをオリーブオイルに移します。焦げやすいので気を付けてください。香りが移ったらベーコンを炒めます。表面がが軽くカリカリになるぐらいまで火を通してください。

・みじん切りのバジルはボウルに入れて、その中に粉チーズとオリーブオイルを入れてバジルソースを作っておきます。

・ここまで準備が完了したら熱湯に塩を加えてパスタを茹でます。茹で上がりの目安はゆで時間の2、3分前まで茹でてあげてください。茹でる少し前にゆで汁をフレイパンの中に加えてフライパンを弱火にかけながら揺らして乳化させておいてください。茹で上げたパスタもフライパンの中へ。ここでパスタの固さをゆで汁を加えながら調整していきます。アルデンテぐらいの固さに仕上がったら準備していたバジルソースの中に入れてよく絡めます。

・絡め終わったらお皿に盛り付けます。ベーコンを上の方に持ってくるようにするとキレイです。その後はサイコロ状に切ったトマトを乗せて最後にレモンを豪快に絞ってください。ベーコンの油とレモン汁の酸味がよく合うと思います。