読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おふくろの味、けんちん汁レシピ

今日はけんちん汁のレシピのご紹介です。私だけではなくたいていの人がそうだと思うのですが、料理を作る時にまず想像するのが自分の母親の料理の味です。知らないうちに染みついているんですね。でも私が子供の時に母親の料理を毎日のように食べていた時は当たり前かもしれませんが、特別美味しいとも思っていませんでした。でも私が大学から一人暮らしを始めて実家に帰る回数が年に1,2回になってきたときに、久しぶりに帰って母親の料理を食べると、あれっなんか美味しいっていう風に感じるようになりました。特に最近よく思いますね。それで私が母親のレシピの中でも好きだったメニューがけんちん汁だったので、今日ご紹介させていただきます。材料はこちら。

【材料】

ニンジン、ゴボウ、大根、コンニャク、木綿豆腐、本だしの素、塩、醤油、作り方の手順

【作り方の手順】

・まずは材料の下ごしらえから開始です。切り方はお好みで結構ですが、私のオススメとしてはまずコンニャクを長方形に切って、コンニャクの大きさに合わせてニンジン、大根を切って頂ければ良いかと思います。ゴボウは固いので、細切りにしておいてください。

・次にごま油で今切った材料をすべて炒めていきます。根菜類が多く、火が通りにくいのである程度しっかり火が通るまで炒めてください。ごま油を使うと香りがすごく良いのでポイントですね。

・先ほど炒めた食材に十分に火が通ったら木綿豆腐を手で潰しながら加えてください。

少し混ぜたら水、味の素、醤油、塩を入れて味を調えていきます。水は沸騰してしばらく煮れば完成です。

けんちん汁は元々は修行所たちが食べていた精進料理だったみたいです。それだけに体にいい食材ばかりなので、栄養満点の健康料理です。私の家はみそ汁とかの代わりに出てくることが多かったのですが、茨城県ではけんちん汁を蕎麦にかけて食べたりしているようなので、蕎麦だけではなくうどん等にかけても美味しいと思います。

また、今回はすまし汁にしましたが味噌を入れてみそ仕立てにしたり、里芋を入れてアレンジすることもできます。自分好みにできるのもお店で食べるのではできない手料理の良いところですよね。里芋は表面がヌルヌルしていて非常に滑りやすいので、皮をむくときや切るときには手を切らないように気を付けてください。

家庭ごとに昔から好きだったおふくろの味ってみんなあるかと思います。私は男性ですが、私の母親のように誰かの心に残るぐらいの美味しい料理をこれから作っていきたいと思います。

とろ~りトウモロコシの甘みが最高なコーンスープの作り方

今日はコーンスープの作り方をご紹介していきます。ファミレスとかでスープバーを頼んだ時にコーンスープがあると幸せになるのは私だけでしょうか。今回作るコーンスープは砂糖を一切使わずに完全にトウモロコシの甘みだけで作るスープなので体にもとっても優しいです。ホワイトソースの作り方がポイントなのでそこだけ注意していただければあとは簡単だと思います。まず材料はこちら。

【材料】

コーン缶、牛乳、小麦粉、コンソメ、塩コショウ、玉ねぎ

【作り方の手順】

・まずは玉ねぎの下ごしらえから。玉ねぎはみじん切りにして先に炒めておいてください。全体的に透明になってきたらOKです。取り出して器に入れておいてください。

・次にいよいよポイントのホワイトソースを作っていきます。バターを鍋に入れて弱火にしてバターを溶かしてください。強火にすると焦げやすいのでご注意を。バターが溶けてきたら小麦粉を加えます。小麦粉とバターをよく混ぜ合わせてください。混ぜていると柔らかい粘土っぽくなってきます。

・十分に混ぜ合わさったら牛乳を加えて伸ばしていくのですが、ここでポイント!牛乳は一気に入れるのではなくて必ず少しずつ加えるようにしてください。一気に加えるとダマになってしまいますので。滑らかなソースに仕上げる為のポイントです。

・ホワイトソースが出来たらコーン、コンソメ、塩コショウで味を調えて仕上げていきます。このタイミングで最初に炒めておいた玉ねぎも投入してください。自分的にはコショウを聞かせて少しスパイシーにした方が美味しいと思います。

【ホワイトソースの使い道について】

今回ご紹介したホワイトソースができればグラタンやカニクリームコロッケにも応用することができます。グラタンは鶏肉やマカロニを加えて上にチーズを乗っけて焼けば完成ですし、カニクリームコロッケはカニを加えて冷やした後に整形し、小麦粉、卵、パン粉を付けて揚げれば完成です。ただソースの固さはグラタンやカニクリームコロッケとは違いますので、そこは小麦粉と牛乳のバランスで調整していただければと思います。ホワイトソースは子供達も大好きなので、お子さんがいる方も是非作って頂きたいですね。私はいつも洋食の時にスープとして出すことが多いです。例えばオムライスとか。牛乳や小麦粉を使っているので、どうしてもカロリーが気になる方は牛乳の代わりに豆乳を使ってみたり、コーンの代わりにカボチャをつかってカボチャのポタージュスープを作ってアレンジしても面白いと思います。

 

 

料理ができる男はモテるのか?

よく料理ができる男はモテるて人気者になれるって言われますよね。あれって本当なのでしょうか?私は高校を卒業して大学入学時に一人暮らしを始めてからかれこれ10年以上趣味程度ですが料理を作ってきました。そんな私の回答としてはNoだと思います。

料理を作る関係性になれるまでが難しい

料理を作れる事は確かに女の子からしてもポイントアップだと思います。でもよく考えてみてください。料理を作ってあげられる関係性って既にそれなりにその子とは仲良くなれてるはずですよね。大概がお互いの家とかで作るはずですから。でも恋愛とかって初対面とかかはそれなりに仲良くなるまでが一番難しくないですか?自分に興味を持ってもらって仲良くなるところですね。なのでモテるなら料理を作れるようになるよりも先に話す技術などのいわゆるコミュニケーション能力を磨いた方が絶対にモテるのは早いと思います。一旦興味を持ってもらうとこができれば気になっている子のお近づきになれる可能性はグッと高くなりますからね。もちろん外見を磨くことも重要です。なんだかんだ言って女性もイケメンが好きですから。ダイエットをしたり、筋トレをしたりしてが外見を磨けば男としての総合力はグッと上がります。

料理はボケ防止には効果がある

これはテレビで仕入れた情報なのですが、料理をすると頭の体操になってボケ防止には効果があるみたいです。確かに料理をするときは材料に何を買えばいいか考えて料理の手順もどうしたら効率がいいか考えますよね。私の自宅は二口コンロでフライパンは1つ、鍋も大きいものと小さいものが1つずつしかないので、フライパンを同時に2つ必要な料理や、鍋が同時に3つ以上必要な料理はアウトです。なので今からある調理道具でなんとかやりくりしないといけません。例えばフライパンを使う作業が2つあるときは1つ目の作業が終わった後には一旦ボウルに移し替えて2つ目の作業を始めるとかそう言った感じです。

できないよりかは何かと便利

少し料理ができるようになるとある程度の材料があればお腹を満たすぐらいのご飯はパパッと作れるようになります。特に外に出るのが寒くて億劫になる季節はコンビニに買いに行くよりかは家で短時間で使った方が楽だし、経済的にも助かりますよね。健康的にも変なものが入ってないシンプルなものの方が安心ですし。 なのでモテるかモテないかで言ったら効果は低いと思いますが出来た方が便利だし、将来自分のためになるのが料理なのかもしれませんね。

ピリ辛麻婆豆腐レシピ

今日は中華の定番、麻婆豆腐の作り方のご紹介です。私も以前までは市販の麻婆豆腐の素を使って作ることが多かったのですがイチから作っても美味しくできたので、素を使うこともなくなりました、辛さもお好みで自由に調整できますので辛いのがお好きな方はピリ辛で、お子さんがいる方や、辛いのが苦手な方はからさ抑えめの麻婆豆腐を楽しんでください。まず材料からご紹介させていただきます。

【材料】

木綿豆腐、コチュジャン、豆板醤、粉末の唐辛子、鶏がらスープの素、塩、コショウ
ひき肉 合挽き肉、水溶き片栗粉、長ネギ、ニンニク、ショウガ

作り方の手順

長ネギ、ニンニク、ショウガはみじん切りにしておいてください。また木綿豆腐は形が崩れるのをできるだけ防ぐためにサイコロ状に切ったら熱湯に湯通しをしておきます。こうすることで適度に水分が抜けて豆腐が固くなり、フライパンで混ぜた時の煮崩れを防ぐことができます。フライパンを熱したらごま油を入れてみじん切りにしたニンニク、ショウガ、長ネギを入れます。ニンニクは焦げやすいので十分注意してください。香りがごま油にある程度移ったらひき肉を投入します。
ひき肉の全体に火が通ったら豆板醤、コチュジャン、塩コショウ、鶏がらスープの素を、粉末の唐辛子、水を入れて一度沸騰させます。ここで一度味見をして、お好みの味に調整してください。味が決まったら豆腐を投入します。豆腐が暖まったら水溶き片栗粉でトロミをつけて完成です。辛さの調整は主に豆板醤と粉末の唐辛子ですると良いと思います。また、もし材料があれば粉山椒があればもう少し本格的にできるかもしれませんが、私的には十分これでも美味しくできました。定食的におかずとして食べるのも良いし、ご飯にかけて麻婆豆腐丼にしても美味しいと思います。
豚バラ肉や切り落とし肉を叩いたほうが美味しい
麻婆豆腐豆腐などのひき肉を使う時はスーパーで既にひき肉状態になっているものを買うのが一番簡単で早いですが、もし時間がある方は豚バラ肉や切り落としの肉を買ってきて自分で叩いた方がにくにくしくて美味しいひき肉ができます。これは私が実家に帰省した時に両親から教えてもらったのですが私も半信半疑でしたが、実際に試してみるとそうでした。時間的にも五分も包丁で叩けば十分かと思いますので、もし時間的に余裕があって少しぐらい手間がかかってもいいかなーどいう方は一度でいい試してみてくださいませ。それでは今日は家庭でもできる簡単な麻婆豆腐レシピのご紹介でした。

コスパ最強!美味しい餃子の作り方

今日は美味しい餃子の作り方を記事にしていきます。餃子って一見手間がかかってめんどくさそうだけど皮に包むところさえ頑張れば後は超簡単な料理なんですよ。野菜もたくさん取れるしとってもヘルシーなんで是非作ってみてください。パーティー感覚でみんなで作って食べるのも楽しそうですよね。それではまず材料から。

【材料】

餃子の皮、ニラ、ひき肉、合挽肉、白菜 (キャベツでも良い)、ニンニクチューブ、
ショウガチューブ、塩、コショウ、オイスターソース、片栗粉

【作り方の手順】

ニラ、白菜はみじん切りにしておいてください。
野菜を切ったらひき肉、白菜、ニラ、ニンニクチューブ、ショウガチューブ、片栗粉、オイスターソース、塩コショウをボールに入れてひとまとめにしてよくこねます。ハンバーグの時と同じですが、ひき肉を冷蔵庫から出してすぐのものを使うとかなり手が冷たくなってしまうので、ある程度時間を置いた状態の物を使うのがオススメです。粘りが出るまでよくこねたら中身の具の完成です。
次はいよいよ具を包んでいきます。包み方はネットで調べていただければたくさん載っているの思うので、好きな包み方で包んでください。包んだ後は、片栗粉をお皿に振っておいて、その上に乗せていただくと引っ付かなくて良いと思います。
包んだら焼いていきます。普段使うときは鉄のフライパンを使っているのですが、餃子を焼くときだけはテフロン加工のフライパンか、ホットプレートで焼くと引っ付かずに上手にできやすいと思います。焼き方としては、まず冷たいフライパンに業者を並べていきます。そして並べ終わったら強火でスタート。フライパンが熱くなってきたら水を適量投入してふたをし、水分を蒸発させながら、蒸し焼き状態にしていきます。五分ぐらいだったら蓋を空けて上からごま油をかけていきます。水分が蒸発してきて良いぐらいに焼き目が付いたら完成です。あとはお好みで酢醤油やラー油を付けて召し上がってください。アレンジとしては、エビを具にしてエビ餃子にしても良いですし、トマトソースやチーズを入れてイタリア風にしたり、コンソメスープの中に入れて水餃子にしても美味しいと思います。安い食材でできるので、家計にも優しいですよね。また冷凍しておけば長持ちするので、一人暮らしの方や、単身赴任のお父さんなどは、休みの日にまとめて作っておいて平日に少しずつ解凍しながら食べても便利かもしれません。また餃子のアレンジレシピ等があればご紹介もしていきたいと思います。

みんな大好きハンバーグ!

今日は洋食の定番であるハンバーグの作り方をご紹介していきます。ソースや付け合わせの野菜の作り方も併せてご紹介していくので、是非参考にしてみてください。まず材料はこちら!

【材料:ハンバーグ】

ひき肉(合びき)、玉ねぎ、牛乳、パン粉、卵、塩、コショウ

【材料:付け合わせの野菜】

ニンジン

ジャガイモ

【材料:ソース】※今回は和風ソースにしてみました

玉ねぎ

醤油

ミリン

砂糖

【作り方の手順】

・まずは下ごしらえから。ニンジンとジャガイモは皮をむいて1センチぐらいの薄切りに、玉ねぎはみじん切りのものと、ソース用に薄切りにしたものを用意しておいてください。

・次はいよいよハンバーグを作っていきます。ボウルにひき肉、塩コショウ、卵、パン粉、牛乳を入れてよくこねていきます。私もよくやってしまうのですが、スーパーからひき肉を買ってきて冷蔵庫に入れておいてすぐをのものを使うと、こねている時に手がメチャクチャ冷たくなってしまうので、少し前に冷蔵庫から出しておいた方が良いかもしれません。粘り気が出るまでしっかりこねたらハンバーグの種の完成です。

・種が出たらいよいよ焼いていきます。ハンバーグでの失敗でよくあるのが中まで火が通っていないことです。焼き過ぎず、しっかり火を通すのが大事なポイントです。ハンバーグの種を成形したら真ん中に少しくぼみをつくり、ハンバーグをフライパンで焼いてください。くぼみを作るのが、焼いていくうちに膨らんでくるのためです。中火ぐらいで両面に焼き目をつけてください。ここからがポイントなのですが焼き目を付けたらハンバーグを一旦取り出してください。そしてフライパンにはにんじんとジャガイモをしいてその上にハンバーグをのせます。そして水を少しだけ加えて蓋をし、ハンバーグを蒸し焼き状態にしていきます。そうしてじっくりと火を入れていくことで生煮えの状態を防ぐことができます。ハンバーグの中まで火が通る頃には付け合わせの野菜も火を通っていると思います。そしたらお皿に盛り付けて完成です。

・ハンバーグと付け合わせの野菜をお皿に盛り付けたらフライパンに残った油で和風ソースを作っていきます。まずフライパンで薄切りにした玉ねぎを炒めていきます。玉ねぎがしんなりしてきたら醤油、みりん、酒、砂糖を投入。煮詰めれば完成です。

今日はあえて和風ソースで作りましたが、ケチャップとソースをまぜて洋風のソースにしてももちろん大丈夫です。お好みの食べ方で召し上がってください。

 

冬の季節にピッタリ!トマト鍋の作り方

毎日寒い今、お鍋が取っても美味しい季節ですよねー。でも鍋って意外とバリエーションが少なくて飽きてきませんか?よく作るのはキムチ鍋とか水炊きとかが多いのな?その中のバリエーションの一つに是非加えていただきたのが今日ご紹介する「トマト鍋」。イタリアンテイストのオシャレな鍋なので女子会の時とかにみんなで食べるのもオススメです。材料はこちら。

【材料】

トマト、鶏もも肉、ソーセージ、にんじん、玉ねぎ、ブロッコリー、コンソメ、塩コショウ、粉チーズ、牡蠣、トマトジュース

【作り方の手順】

・まずは材料の下ごしらえから。鶏もも肉は一口大にして塩、コショウで下味をつけておきます。ニンジンは乱切り、玉ねぎは1、2センチ幅に切ってある程度存在感がある大きさで。ブロッコリーも食べやすい大きさに切っておいてください。牡蠣は水溶き片栗粉で洗っておきます。トマトは湯向きをしてサイコロ状に切っておいてください。

・下ごしらえが終わったらフライパンにオリーブオイルを敷いて鶏もも肉を炒めていきます。あとで煮込むので表面だけ焦げ目が付けばそれでOKです。炒めたら一旦取り出しておきます。次はオリーブオイルと鳥から出た油でニンジンと玉ねぎを炒めていきます。ここでは軽く火を通すぐらいで大丈夫です。野菜に火が通ってきたらサイコロ状にしたトマトを加えてトマトを潰しながら煮詰めていってください。

・トマトが煮詰まったら鍋に移して取り出しておいた鶏もも肉、ソーセージ、ブロッコリー、牡蠣、コンソメを、トマトジュースを投入します。トマトジュースの代わりに水を入れてもできるのですが、そうするとどうしてもトマトの味が薄まってしまうので。私としてはトマトジュースを使うのがオススメです。トマトジュースを入れて15分ぐらい煮込んだら完成です。お好みでバジルや粉チーズをかけてお召し上がりください。

トマトベースのスープに鶏肉や野菜、下記の旨みが溶けだしていてとっても美味しいですよ。

食べ終わった後のシメも楽しめる!

一通り食べ終わったら、シメも楽しんじゃってください!ご飯を入れてリゾットにしてもいいし、パスタを入れてトマトソースパスタにしても良いと思います。

ブログを書いていてわかったことなんですけど、トマトを使った料理メッチャ多いですね。生のトマトは嫌いですなんですけどトマトは結構摂取できていそうです。あと調理方法も似たようなものが多いことに気づきました。これからもっとバリエーションを増やしていけるように頑張っていきたいです。